川島


つらいときは修行だと思おう

何かつらいことがあった時、

そのつらいことをどのようにとらえるかは、

人によって異なります。

 
例えば、ある人はバチが当たったと考え、

ある人はついてないなと考え、

ある人は修行になっていいことだと考えます。
 

 
ここでもし、あなたが、

楽しく力強い人生を生きたいのであれば、

修行になっていいと考えるようにするといいです。
 

なぜ修行になっていいと考えるといいのかと言うと、

つらいことがネガティブなことではなく、

ポジティブなことと感じられるようになるからです。
 

また、実際に、つらいことがあったときには、

心の修行になったり、試練を乗り越えるための修行になったりして、

自分の成長につながるものだからです。
 

 
というわけで、つらいことがあっても落ち込まず、

つらくなる可能性があっても

逃げないようにすることをお勧めします。
 

つらいことを乗り越えてきた人ほど、

器が大きくて、頼もしくて、カッコよかったりするものなので、

それを目指したほうがいいですね。





川島氏のメルマガより

人生で一番大切なのは資産構築なのか

ほとんどの人は「人生で何を一番大切にすべきか?」

をじっくり考えていません。

 
そして、無意識のうちに

「周りの人に嫌な顔をされないこと」や

「資産を増やすこと」を一番優先にして行動しています。

 
嫌な顔をされないことを第一に考えて行動したり、

資産を増やすことを第一に考えて、行動している人だらけなのです。
 
 

しかし、周りの人に嫌な顔をされないことを第一に考えてしまうと、

企業の奴隷になりがちです。

 
なぜかと言うと、世の中には、ムッとした顔をすることで、

社員から搾取している会社がたくさんあるからです。
 

奴隷たちは、上司や取引先からムッとされるのを避けるために、

奴隷状態を続けてしまうのです。
 

 
また、資産構築を第一に考えてしまうと、

国と投資先の奴隷になりがちです。

 
なぜかと言うと、資産構築を謳うことで、奴隷を働かせ続け、

国は税収を増やし、投資先はお金を集め続けているからです。
 

奴隷は、投資したお金を自分のお金だと思っているのですが、

資産構築を第一に考えてお金を使わないようにしている限り、

そのお金は全部投資先のものも同然なのです。
 
 

というわけで、自分の人生で

何を一番大切にするのかについて考えていないと、

無意識のうちに奴隷になりますので、

くれぐれも気をつけたほうがいいですね。
 

自分の人生で何を一番大切にしたいかは人によって異なりますが、

本来は「楽しむこと」や「子孫をたくさんつくること」や

「家族を幸せにすること」だったりするはずなので、

よく考えてみることをお勧めします。

 
そして「楽しむこと」を一番に求めるのであれば、

顔色を伺うことや、資産構築することより、

自分の人生を楽しむことを優先することをお勧めします。




川島氏のメルマガより
http://p.tl/rsro