不変のマーケティング 神田昌典

しかし、なぜ安い商品を販売する人は、安い商品ばかり販売し続けるのだろうか?

一般的に言って、自分が若い時に販売した商品の価格帯が、その後、仕事を変わったときにも付きまとうのだ。

つまり宝石を売っていた、高い商品を販売するのに抵抗がない。しかし、雑貨などはバカらしくて売れない。雑貨を販売していた人は、高額商品は売るのが面倒くさくて売る気にはなれない。

私の場合には、以前、販売していた電子レンジが1万円、冷蔵庫の価格帯が10万円、高級機種で24万円なので、なんと現在、コンサルタントをやっていても、同じ価格帯が付きまとう。

そのほかの価格を付けることには、かなりの心理抵抗があります。

(中略)

販売する商品の価格帯が変えられないというのは、多くの場合、セルフイメージの問題だ。

「こんなに粗利を取ったら、ボロ儲けじゃないかなあ」「こんな高いお金をお客から取ったら、迷惑をかけるんじゃないかあ」と思ってはいないだろうか?

「高く売る、儲けるのは悪徳商売」であり、「自分はいいものを、安く売る、正直・誠実な商売人だ」というイメージが邪魔をしている。


しかし、お客は「お金を受け取ってくれる人」を探しているのだ。だからそのお金を受け取ってあげればいいわけだ。

それだけの価値を提供しようとしているのだから。

 

琉球ユタはる 見方を変えればチャンスは無限

自分がその場所に違和感を感じるなら、離れなければならない。

人の生きる世界には階層があり、自分がその階層に合わなければ階段を上がるか、下がるかして自分の階層に行かなければならない。階層が違えばその階層の常識は通じないし、影響もしないという事実に気が付きました。

そんな風に考えると、自分に合わない階層にいたのは私ですし、彼らの世界では私は間違いですし、逆に彼らは私の階層に来ることはないのですね。


(中略)

お金は人類が発明した最高の発明品であり、そしてその扱いが、もっとも難しいツールです。

これまであらゆる相談を受けてきましたが、いろいろな相談にまじって必ずされるのがお金の問題です。

お金はその特徴ゆえに、人を殺しもしますし、もちろん生かしもします。

世の中に起きる事件の七割はオカネがらみの事件なのです。お金の使い方やお金の活かし方で、人生の八割は決まってしまいます。

そのくらい、私たちはお金に振りまわされているのです。

けれど、不思議なことに日本という国は、お金についての考え方や使い方、活かし方を教えてくれる場面がとても少ないのです。

リュボミアスキー教授の 人生を「幸せ」に変える10の科学的な方法   ソニア・リュボミアスキー 

そして、ただ恐れたり落ち込んだりするのではなく、「危機的な状況とは、生まれ変わったり成長したりするチャンス、意味のある変化なのだ」と考えるのです。

大事なのは、そのような状況にどう対応するかです。「チャンスとは、それに備えているものを好む」ことを科学が証明しています。

日本自立のためのプーチン最強講義 北野幸伯

不平等だろう?

「それに国連安保理だって、なぜかアメリカ、イギリス、フランス、中国、ロシアだけ『拒否権』を持ってる。

これも不平等だよな。

結局、世界では『ルールを作った国々』が得し、『ルールを守る国々』が損するようにできているってことだ。


99歳ユダヤのスーパー実業家が孫に伝えた 無一文から大きなお金と成功を手に入れる習慣 矢吹紘子


母親が呪文のように言い続けた言葉がある。

つまり、泥からゴールドを作りなさい、という意味だ。

若い頃のわしの家はとりわけ貧乏だったから、一見なんのとりえもないような「泥」を自分の力で金に変えることにフォーカスしてきた。

  http://amzn.to/1ytRk3Z

「実録安藤組 餓狼の系譜」より

正しきを行いて、何をか恥ずべきことあらん。法は力にして正義に非ず、天道に恥ずべきことなくば、天自ら我を導く。



日本のいちばん醜い日 鬼塚 英昭

戦争を嫌っていた国民が皇居前広場に集い「天皇陛下万歳」ではなく、ただ「万歳!」「万歳!」と叫んでいたのである。

p376


あの事件からしばらくして天皇一家は防弾ガラスのかなたから手を振るようになった。平成の今日でも、某宗教団体(管理人注、統一教会)と某宗教団体(創価学会)が中心となって、動員をかけ、正月に「万歳!」「万歳!」と叫ぶのである。



天皇ヒロヒトはこの群れのジャップスを「民草(たみぐさ)」と呼んでいた。人間と思っていなかった。

たった一銭五厘の葉書一枚で中国やフィリピンにほうりこんだのは天皇ヒロヒトだった。



p387


要約、

安倍晋三の父、晋太郎は朝鮮人である。

p392

小泉純一郎の父、純三も朝鮮人である。

p394

明治天皇、大室寅之祐も朝鮮人である.天皇は一番、大事なことをするのに日本人よりも朝鮮人を信用したといえる。

p396

昭和天皇の母親は朝鮮人。
朱貞明。九条家に養女に出されて名前と家系をロンダリングした。


天皇とその一族は、三井、三菱、住友らの財閥と組んで(戦争で)マネーゲームをしていたのである。

p472



天皇陛下万歳と叫び、身体に爆弾を巻いて死んでいった日本の若者たちは、自分たちの国王が朝鮮人であることを知っていたのであろうか。

否、知るはずもない。情報統制が今よりも簡単に厳格に出来た時代である。そもそも、あの戦争が始まったのは、戦争で一儲けしたい国際金融資本が、田布施の秘密を暴露されたくなかったら戦争を起こせとヒロヒトに圧力をかけたことに始まる。

したがって、ヒロヒトは戦争中もアメリカと連絡を取り合っていた。海軍がこれに協力した。

米内光政がスパイだったというのは有名な話である。

東京裁判で陸軍関係者は概ね、絞首刑になったが海軍関係者に絞首刑になったものは皆無である。大いなる茶番。


ルーズベルトは真珠湾攻撃を事前に知っていたというが、どこから情報を仕入れていたのか?


ヒロヒトから直接仕入れていたと考えれば、全て辻褄が合う。

同様にヒロヒトも米軍による原爆投下を事前に知っていた。自身の地位保全と引き換えに黙認どころか歓迎した。ヒロヒトに反乱を起こす可能性のある陸軍部隊をわざと広島に集結させ、爆撃時刻に合わせて野外で教練をさせた。部隊は当然全滅である。

この間ヒロヒトは何をしていたかというと、明治以来蓄積してきた財産ならびに戦争中にアジア諸国から略奪した貴金属宝石をスイスの銀行に隠匿することに奔走していた。「裸足のゲン」の作者、中沢氏は作品で天皇批判をしているが、これは本能的にヒロヒトの戦争犯罪を嗅ぎ取っていたのであろう。


嫌われる勇気 アドラー心理学 岸見 一郎、 古賀 史健

あなたは他者の期待を満たすために生きているのではないし、わたしも他社の期待を満たすために生きているのではない。他者の期待など満たす必要はないのです。

他者からの承認を求め、他者からの評価ばかり気にしていると、最終的に他者の人生を生きることになります。

p135

あなたは他者に良く思われたいからこそ、他者の視線を気にしている。それは他者への関心ではなく、自己への執着に他なりません。


p183

いちばん大切なのは、他者を評価しない、ということです。

p204


普通であることの勇気

わざわざ自らの優越性を誇示する必要などないのです。

p260

300万円で大家になって地方でブラブラ暮らす法 加藤ひろゆき

以下、加藤ひろゆき氏の著作の気になった部分を備忘録として保存しておく。

人生のテーマはコンプレックスの克服だと思う。p46


最近、海外不動産投資がブームであるが、ワタクシはこれも一過性のものと考える。理由は、海外で高利回り運用ができる人は、日本でもいい投資ができるからだ。p44



「素人が玄人を否定する。それが日本の現状だ」大空のサムライ・坂井三郎先生がワタクシに話してくれたのを思い出した。p132


本を出版するということは,名誉なことかもしれないが。逆に著者の知的レベルがわかってしまう。公に書いた文章には常に読み手がいるという前提で書かなくてはいけない。p176

出版したいといいながら、自分ではなにもしない人が多いのだが、よほどの有名人でもない限り、先方からの出版依頼はないと考えたほうがいい。
不動産と同じで、先方から幸運はやってこない。それよりも、自分から探しに行くほうが早い。p178


所有する方が安い場合は購入。借りたほうが安い場合、あるいは短期限定使用の場合はレンタルするのがいい。p195


「ビジネスのマネーをできるだけ早い段階で不動産に投資しろ」
「キャピタルゲインに投資する人間は愚か者だ。キャッシュフローに投資しろ」
(ロバートキヨサキの講演会)p225

ハリウッド時代に、憧れのビートたけしさんとお茶をしばく機会があった。そのとき、「弟子にしてください」の一言が言えなかった。そのことを20年近くずっと後悔していた。今回は、ロバートに「あなたと一緒に働きたい」と気持ちを伝えることができた。それが実現するかどうかはわからないが・・・・。p243



まずは、「信じる」ことをやめなさい 苫米地英人

普通、人間は奴隷の立場に甘んじようとはしないものです。奴隷でいることは楽しくないし、人生の成功を手に入れて、思い通りの生活をすることもできません。それ以上に自由も得られません。
ところが本当の奴隷になってしまうと、奴隷でいることが心地よくなります。逆に奴隷から脱却すると、かえって不安になります。

p50



両者を分かつものは、何か。
それは幸福になりたいという煩悩を強烈に持ち続けているか、それともそんなもの下らないとばかりにいっさい捨て去っているか、その違いです。

p52

もし、文字通り苦しんでやらなければならないとしたら、それは本当はやりたくないことをやっているから苦しんでいると捉える必要があると思います。(中略)つまり奴隷以下の人生、いわば家畜の人生を歩んでいるわけです。

p64

これを転載していて、では本当に、これが自分のやりたいことかと自問したら、途中で手が止まってしまった。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7