隠蔽操作1



竜崎の息子がヘロインをやっている⇒本当の黒幕は?


文庫版270P

国松長官狙撃事件。

小杉巡査長が起訴されなかった本当の理由。


276P


どこの国のどの組織だって、それくらいの秘密は抱えている。

世の中はな、きれい事じゃ済まないんだよ。


ジェームス

ジェームスはよく

「出来事に意味はない。
あなたがその出来事に意味を与えるまでは。」

と言います。


満月の法則 佐藤康行



「そうなりたい」とは、現在は「そうではない」ということですよ。


すべてを捨てる覚悟ができると、与えられる。

「小聖は山で悟り、大聖は町で悟る」



ワーク


@ 自分の好きなこと、やりたいことを職業に出来なかった。周囲の誰からも理解を得ることが出来なかった。

経済、雇用について理解することが出来た。


@一番、信頼していた人間に裏切られた。

人を見る目を養うことができた。


よく観察する。

@身体を酷使する仕事に就かざるを得なかった。

他者を理解することができた。どんな職業の人もバカにしなくなった。


@収入が不安定

副収入を得るために活動している。

実際にコンテンツをアップする。


これで良かった。だから良くなる。 完璧、完璧、完璧、、、、、、

新世紀の心 宇宙心 鈴木美保子


S先生は「自分の使命は自分の生地に隠されている」とおっしゃいます。「運動選手だって政治家だってそうでしょ。自分の町から県に、そして国へ、世界へと出て行くんだよ」と。私はアメリカに暮らす中で、いかに自分が日本のことを知らないままでいるかに気付かされました。


陸王 池井戸潤



一度、倒産を経験した経営者にとって、決定的に足りないものがふたつある。ひとつは資金、もうひとつは社会的信用だ。

このふたつは別物のようでいて、実は結びついている。信用がなければカネも集まらないからだ。
集まらないどころか、銀行に預金口座ひとつ開設するにも苦労する。銀行ははっきりといわないが、倒産経験のある人物が役員に名を連ねているだけで、新設会社の普通預金口座の開設を断られたというケースはまま聞く話である。

P169

「それはわかってますがゲンさんは、会社が変わっていくことが怖いんじゃないんですかね」
安田はそんなことをいう。「今のままなら、常務取締役という立場も、経理担当という社内的な影響力もあるわけじゃないですか。それでゲンさんはすっとやってきた人なんですよ。ところが、新規事業だなんだって、カネはかかるは顧問と称する人は入ってくるわで、自分の手の中に収まらなくなってきた。それが怖いんですよ。つまり、自分の経験や立場から見通せないようになってくるのを恐れているような気がするんです」
p232

  

放射能と原発の真実[内海聡著]

国家統計によるとすでに日本の疾患傾向として、死産や乳幼児死亡も心疾患の脳血管障害もがんも増えている。
IAEAでさえが唯一認めた先行指標が子供の甲状腺がんだが、2014年8月で104人まで増えたと報道された。

しかし、それでもこの国はぬけぬけと因果関係はないとホザイテいるのが現状だ。先のデータでも示したように、これから福島は泥沼の状況に陥っていくだろうし、それはチェルノブイリやウクライナなどが証明していることだが、日本の対策はウクライナとは全く違うので被害はそれ以上になるであろう。

この国の官僚や政治家には日本人ではないものが多いので、日本を滅ぼしたいと考えるものが多いのは否めない。安倍晋三も小泉純一郎も、もともと日本人ではない。


放射能と原発の真実[内海聡著]より引用

ベンツは20万円で買え! 加藤ひろゆき




建物に車庫を組み込んではいけない。

最初から完璧を目指さず、住んでから徐々に自分好みに改造していく方法が良い。

住みながら、あるいは貸しながら、ニーズに合わせて改造して理想の家を造るのが一番合理的で、初期コストも削減できる。

>>

「世界三大バカがある。まずは西からエジプトのピラミッド、中国の万里の長城、そして日本の戦艦大和だ」

日本でも外国でも、大きければいいという風潮があったのだ。大和の建造費で零戦が何百機も生産できたという。


小休止のとき、ワタクシがいつも持ち歩いているシステム手帳に興味を持つ撃墜王。
「これは、ハリウッドで受けた200本のオーデイション記録と、乗っているクルマの燃費表です」

眼光鋭く左目で、真剣にワタクシの手帳に書き込まれた文字と数字を見る坂井三郎先生。右目はガダルカナル上空で被弾し、ほぼ失明状態だ。

このケガの治療のためにラバウルから内地に帰っていなければ、その後の戦闘で確実に死んでいたと教えてくれた。


「これはね、アナタの記録だけに留めておくのはもったいないから、ぜひ本を書いて出版しなさい。人に考えを伝える方法は、言語、文字、行動しかない」

「手紙よりも、電話の方が早いですから」

合理的な考えの持ち主だった。

>>

小説よりもビジネスノウハウの方がいい。

常に読み手がいることを考えて書く。

不動産と作家の組み合わせはいい。邱永漢

自分にしか書けないことを書く。

エースはベテランから生まれる。坂井三郎

>>

「加藤さん、120万円という価格では無理だ」
やはり、あの価格では玉砕か、次の物件を探そう。そう思ったところ意外な言葉を聞いた。

「それで120万円では無理だが、せめて140万円ではいかがか?」

内心、大喜びでニヤリと笑う。

しかし、電話の口調は何もなかったかのように、マジメくさって答えた。
「わかりました。すてきなご提案をありがとうございます。少しだけ考えるお時間を下さい」

再びニヤリと笑い、ゆっくりと電話を切った。

その6時間後、ワタクシから電話を発信。体験上、即答しないほうがいい。

「その価格でお願いします」

マネー成立だ。

40パーセントという指値も、6時間という時間も、とくに根拠はない。



男の品位 安藤 昇




ナメられるというのは、責任はナメた相手にあるのではなく、ナメられた自分にあるのだ。

p124


感想・雑感


金持ちになって、どうしたいのだ?

有名になって、どうしたいのだ?

天方エバン 不動産投資で"ハワイ"へ移住


心は長年の夢を実現できた達成感で一杯でした。

ところが、そう思ったのは束の間、実は、この生活にはすぐ飽きてしまいました。

サラリーマン時代は、こういう生活にすごく憧れていたのに、いざ叶えてみると自分が本当に求めてきたものとは違うと分かったのです。

リタイアして初めて気づいたこと、それは、人間は寂しがり屋であり、社会との繋がりを半ば本能的に求めているのではないかということです。

そして、多くの人が生活費を稼ぐためにと思ってやっている仕事が、その「繋がる」欲求を知らず知らずに満たしてくれているということです。

毎朝、満員電車に揺られながら会社に行っていた僕は「使われるだけの仕事なんて早く辞めてやる!」と思うことはあっても、「ああ、社会との接点を供給してくれている仕事に今日も感謝」とは決して思いませんでした。

しかし、ハワイにきて毎日ぷらぷらしていると、社会との繋がりを求める自分がいました。無性に孤立感を覚えたのです。

(中略)

考えてみれば、40代というのはビジネスの面での仕事が本格的に面白くなってくる時代です。

サラリーマンなら、役職などについてまた新たなチャレンジに挑む年代ですよね。

うーん。人生で油が乗ってきたときに何もしないのはもったいない!


仕事 辞めたい

理研の闇、日本の闇 鬼塚 英昭



十二月二十一日、幹部らで構成する人事委員会で、小保方氏の面接が実施され、小保方氏はこれまでの成果を踏まえた今後の研究計画を発表した。

キメラマウスの説得力はやはり絶大だった。「全員が感動した」。当時のある幹部は、そう振り返る。

>>

世界的に著名な科学者笹井芳樹は小保方晴子に魅せられて恋に落ちた。

週刊誌は二人の恋の行末を追った。私はこの事件は笹井芳樹の芝居であったと理解している。

この男の芝居に野依良治理事長も、下村博文文科相も付き合ったのである。

STAP細胞も驚き、時に発光して見せたのである。


>>>

CDBの笹井芳樹副センター長は、小保方晴子との逢瀬を重ねつつ、ベンチャー企業とも深く結びついていた。

>>
日本の悲劇は1939年(昭和14年)の5月15日、ニューヨーク万国博覧会の「ナイロン・デイ」から始まったと言っても過言ではない。

私たちは、戦前の対米輸出額の3分の2を占めた日本の輸出物の何たるかを知っているだろうか。それは生糸だった。生糸は完全に国内産だった。農村工業を支えていたとしか認識しない人が多いが、それは認識不足も甚だしい。

生糸こそが、日本の工業化の主役であった。

生糸が作るドルをもって、日本はアメリカから、航空機も、機械も、食料も買い付けたのであった。

「ナイロン・デイ」で脚にぴったりと合う新しい種類のストッキングが大々的に発表された。日本製の極上の絹の靴下よりも薄手で透明度の高い繊細なナイロン製のストッキングを買うために女性たちがデパートの売り場に群がった。

石炭と空気と水からの合成に成功した、世界初の合成繊維はナイロンと名付けられた。デユポン社の製品だった。デユポンはやがて大量生産に乗り出し、靴下の値段も生糸製のものより安くなった。

やがて、日本が必要物資を購入するために要する現実的な危機がやってきた。



1  2  3  4  5  6  7