2016年8月


自動車屋の友人

自動車を買うために学生時代の友人の販売店を訪ねた。実に8年ぶりである。彼の店で購入した車が走行距離を15万キロになりそうなので、次のクルマを買いに出かけたのである。車種、その他のスペックは事前に電話で伝えてあったので全く問題はなかった。

8年ぶりに再会した彼であるが、やはり当然というか8年分老けていた。

頭髪は白いのが増えて毛染めをしていた。細かい文字が見えにくいらしく老眼鏡をかけていた。両親はふたりとも既に亡くなったという。それぞれガンと心臓の病気である。

また本人は禁煙外来の治療で、いつぞやの値上げ前に禁煙に成功したという。何とかという薬で三日目には禁煙に成功したが、一応、3ヶ月は服用を続けたという。

商売の話もした。

独身かと訊かれた。勝手気ままな、おまえらしいとも言われた。

自身の子供は中学生だという。反抗期で口もきいてもらえないとも言われた。


目の周囲が落ちくぼんで白人のような顔になっていた。私も8年分老け込んだのであろうが、彼はそのことを口にしなかった。良く使ってくれたといってくれた。


若い時の彼が好き好んで履いていた刺しゅう入りのデニムを履いていったのであるが、少し失敗したようである。彼は実に常識的な格好をしていた。彼は私のデニムを見たが何も言わなかった。大人の対応であろう。

タイヤもサービスで付けてくれるという。

MDプレーヤーを使っているというと変わった人だなと言われた。


サービスでカーナビ、テレビを付けてくれるらしい。必要ないと言ったがMDプレーヤーは規格に合わないと言われた。8年も乗っているけれど綺麗に乗っているねと言われた。車庫に入れてあるからか?ちなみにワックス洗車はガソリンスタンドで一回だけやってもらった。

それで、書類の作成をするにあたり、どこからともなくワタシの苗字と同じ印鑑を取り出してきた。

前回の購入時も、このようにして勝手に捺印したのであろう。
また書類に生年月日を書く欄がある。前回、電話とメールでやたらと生年月日を問い合わせてきたが、このクルマの購入の書類に記入するためだったのであろう。

プジョー308 下取り

何はともあれ元気そうで何よりであった。

過去への手紙、佐藤のワーク

Q1

仕事、プライベート、趣味の分野で、どんな感情を持ち、どんな人と一緒にいたのか、どんな環境だったのか、などを思い出してみましょう


Fは俺が辞めることをバカにしていた。俺は直観力と客観的な条件がそろっているにも関わらず、変な意地をはって辞めなかった。直感はHに電話しろといっていた。Aが無能であることは俺は知っていた。知らないバカが多かったが。



俺は、それを無視して九州に旅行に出かけた。



みんなの前で辞めることを宣言する、挨拶するのは何となく格好悪いなという気がした。


俺が辞めたら、俺がやっていく予定の仕事は誰がやる?あいつらが可愛そうじゃないか?なんて思ったりもした。実際は全然可哀そうではなかったのであるが。

両親は俺のやりたいことに大反対だった。特に母親は。
変なカルトにかぶれていたかもしれない。あのカルトは田布施の宗教であった。そのことに当時は気付いていなかった。


Q2.現在、その状態はどうなっているかを、その分岐点の時の自分に教えてあげてください。
ポイント:分岐点から現在までで変化したことを伝える気持ちで書いてください。


やりたいことを出来なかった、職業に出来なかった不完全燃焼のような感じだけが残っている。いくつかの仕事を変わった。たぶん現在のあなたでは想像も出来ないような職業についている。結婚はしていない。一回、婚約破棄をしている。


ただし、職業をいくつか変わったことで、それまで理解していなかった。経済、商売、雇用といった世の中の仕組みを理解することができた。たぶん、あなた、つまり俺の前世は旧共産圏、東側世界の人間だった。なので商売は下手かもしれない。学校を卒業したら政府が全部、面倒を見てくれるのは社会主義国家だけだ。資本主義世界では自分で職業に就かなければならない。


田布施出身のあの男の本に書かれていたことが嘘であることが明らかになった。グルは裁判に訴えられた。それと、俺が一番信頼していた後輩が一番の裏切り者であることが明らかになった。逆にそれほど期待していなかった後輩に一番、助けられた。それから塚田は最後まで俺の信者だった。彼を大事にすると良い。




Q3.現在から分岐点を振り返り、こうすればもっとよかったという修正できる行動や選択はありましたか?
   どう修正すればよいのか、教えてあげてください。
  
例:あの時、~という決断をしたけれども、
  もう少し~してからでよかった。
  あの時、~したけれど、~という選択肢もあったよ。



周囲の声、視線は気にしなくて良い。自分自身の内なる声、直観に従え。自分の本質は絶対に自分を裏切らない。ちなみに、あなたは当時、長渕剛の信者であったが、あなたが卒業して、しばらくして彼は裏切りに合い、刑事事件で逮捕される。しかし、被害は軽微だ。致命傷にはならない。逮捕されてからの彼は、私のように宙ぶらりんかもしれない。通っていた一本の筋が消えてしまった。





Q4.(1)未来の自分は、いつも「過去の自分」を応援しているし、
必要な情報は教えてあげられる、 

 最後に「あなたが未来の私からメッセージをもらっているように、私も未来の自分からメッセージをもらえると思うので安心しています」 

シェア

自分の内なる声に従え。直感を信じろ。周囲の声、視線は気にするな。
わくわくする方を選べ。


服部宝観の占いは当たるのか?営業時間は?

服部宝観の占いは当たるのか?於 NGK
ngk.jpg



日曜日の18時くらいにNGK(なんばグランド花月)に到着、警備員の服を着たジジイに服部宝観さんのブースは何処ですか?と訊くと、

「はぁ?知りまへんなあ」、との返事、耳も遠いし頭もボケてそうである。ラチがあかないのでスーツを着た女性職員に尋ねるとブースまで案内してくれた。
行くと既に10人ほど並んでいる。

私の直近の前は既に一時間待ちだと言う。この瞬間に気が遠くなる。

五分ほどして、私の後ろに女性二人が並んだ。

訊くと東京から来た二人組みだという。
前の女性二人組みに木村白竜を知っているかと訊くと知らないとの返事が返ってきた。

houkan1.jpg
因みに服部宝観氏の営業時間は11時から20時までだと言う。

何時になるか分からないので列を離れることにした。

私の後ろには更に3人ほど人が増えた。

NGKの舞台も面白そうなものがないので道頓堀のザザに行くことにした。

zaza.jpg
行ってみたら橋本サラとかのトークショーだと言われた。どんな内容か皆目検討もつかないので、ザザも後にした。途中、戎橋のアヤシゲな店でジーンズを購入した。


この後、再度、NGKに行ってみた。

すると例の東京から来た二人組みが服部宝観のブースを去る後ろ姿が見えた。

話しかけて、どうでしたか?と訊くと良かったとの返事、何が良かったのか?

私も少なくなった列に並んだが本日の営業は終了と言われた。時計の針は19時40分を指していた。


午前11時くらいなら空いているらしい。翌日にしよう。

houkan2.jpg
翌月曜日、平日なので人は空いていた。NGKは夏休みの子供でうるさかった。

今日は10時くらいに行ったので、真っ先に鑑定してもらえた。
流石に平日の午前10時には誰もならんでいない。
自身の名前、生年月日、父方の祖父母の苗字、母方の祖父母の苗字を告げる。

自分の著書なのであろう。

服部宝観 と背表紙に名前が書かれた本 を参照して鑑定を始める。

調べてみたら、既に絶版であった。




鑑定結果


意地っ張り。人見知り。


亥、子、丑、戌、年の人間と縁のある人生。


未 の人は縁の下の力持ち的な存在

「天支殺」がある。

芸能人、スポーツ選手でいうと80パーセントから90パーセントが独身かバツイチ、具体的には大原麗子、神田正輝。

家族に亥年はいない。

妻代わりになる人を見つけなさい。亥年が9割。1周り若い。
バツイチ、子供のいない人。

芸能人で若い女性と結婚出来るのはゼニがあるから。

腰、膝に気をつけること。

冷たい飲み物は控えること。

2019,2020,2021 年は雨の季節。48、49、50歳。

2024、2027年は小雨。

台風が来る前に準備すること。


縁のある苗字、

高橋、中村、渡辺、山本、加藤、竹内、坂口、井上、西川、木村、柴田、岩田、宮崎、今井、北川、太田、吉田、後藤、森田、山崎、和田、林、松本、佐藤、平田、清水、伊藤、三浦、島田、広瀬、


ビジネスは10年計画で自分でやる。

パートナーを見つける。

漫才でいうと大助、花子のように。

一人やから失うものはない。

インターネットの商売は今後はしんどい。20年前はネットはない。

独立しようと思えば出来るように出来ている。

社長の性格はない。独立の星はある。職人的な。

「向こうが必要としている商売をやる」

「他の商売も考えてみては?」

「会社での代わりはいくらでもいる。」

2016、2017、2018、出会いのチャンス。

2019年から雨、傘をさしてくれる人を見つける。


服は明るい色を着る。

黒、グレー、茶、ベージュ、以外の色。

サラリーマンの服以外の色。

サラリーマンに向いていない。陶芸家とかが良い。

しかし、職人になれなかったのは天のイタズラ。(家族に亥年が一人もいない)

家族、環境になかった。

例、テニス選手の松岡修造は育ちの良さを感じる。

ボクシングの亀田兄弟は大阪の西成出身でガラの悪さを感じる。

私の場合、プラスアルファがなかった。好きを仕事に出来なかったのは天のイタズラ。

諦めた時点でアウト。


プラスを思え。

仕事も恋も3年が勝負。

2500円ナリ。

最後に握手をして別れた。


話し言葉のアクセントから察するに大阪の泉州、奈良、三重くらいの生まれであろうか?

2016年の時点で68歳とのことであった。



この後も服部宝観さんに占って欲しいことは山とあったのであるが、なかなか大阪まで行くことは出来なかった。

仮に行くことが出来たとしても週末や祝日なら行列が出来ていて5時間待ちとかは普通にあるであろう。 なので、最近よく利用しているのが、⇒心斎橋 占い