天方エバン 不動産投資で"ハワイ"へ移住


心は長年の夢を実現できた達成感で一杯でした。

ところが、そう思ったのは束の間、実は、この生活にはすぐ飽きてしまいました。

サラリーマン時代は、こういう生活にすごく憧れていたのに、いざ叶えてみると自分が本当に求めてきたものとは違うと分かったのです。

リタイアして初めて気づいたこと、それは、人間は寂しがり屋であり、社会との繋がりを半ば本能的に求めているのではないかということです。

そして、多くの人が生活費を稼ぐためにと思ってやっている仕事が、その「繋がる」欲求を知らず知らずに満たしてくれているということです。

毎朝、満員電車に揺られながら会社に行っていた僕は「使われるだけの仕事なんて早く辞めてやる!」と思うことはあっても、「ああ、社会との接点を供給してくれている仕事に今日も感謝」とは決して思いませんでした。

しかし、ハワイにきて毎日ぷらぷらしていると、社会との繋がりを求める自分がいました。無性に孤立感を覚えたのです。

(中略)

考えてみれば、40代というのはビジネスの面での仕事が本格的に面白くなってくる時代です。

サラリーマンなら、役職などについてまた新たなチャレンジに挑む年代ですよね。

うーん。人生で油が乗ってきたときに何もしないのはもったいない!


仕事 辞めたい
関連記事
  1. ジェームス
    ジェームスはよく「出来事に意味はない。あなたがその出来事に意味を与えるまでは。」...
  2. 満月の法則 佐藤康行
    「そうなりたい」とは、現在は「そうではない」ということですよ。すべてを捨てる覚悟...
  3. 新世紀の心 宇宙心 鈴木美保子
    S先生は「自分の使命は自分の生地に隠されている」とおっしゃいます。「運動選手だ...
  4. 陸王 池井戸潤
    一度、倒産を経験した経営者にとって、決定的に足りないものがふたつある。ひと...
  5. 放射能と原発の真実[内海聡著]
    国家統計によるとすでに日本の疾患傾向として、死産や乳幼児死亡も心疾患の脳血管障...
  6. ベンツは20万円で買え! 加藤ひろゆき
    建物に車庫を組み込んではいけない。最初から完璧を目指さず、住んでから徐々に自分好...
  7. 男の品位 安藤 昇
    ナメられるというのは、責任はナメた相手にあるのではなく、ナメられた自分にあるの...
  8. 天方エバン 不動産投資で"ハワイ"へ移住
    心は長年の夢を実現できた達成感で一杯でした。ところが、そう思ったのは束の間、実...
  9. 理研の闇、日本の闇 鬼塚 英昭
    十二月二十一日、幹部らで構成する人事委員会で、小保方氏の面接が実施され、小...
  10. 湯澤剛 ある日突然40億円の借金を背負う――それでも人生はなんとかなる。
    「犯人は社長ですーーー」あるコンサルティング会社のキャッチフレーズに、こんな言葉...