つらいときは修行だと思おう

何かつらいことがあった時、

そのつらいことをどのようにとらえるかは、

人によって異なります。

 
例えば、ある人はバチが当たったと考え、

ある人はついてないなと考え、

ある人は修行になっていいことだと考えます。
 

 
ここでもし、あなたが、

楽しく力強い人生を生きたいのであれば、

修行になっていいと考えるようにするといいです。
 

なぜ修行になっていいと考えるといいのかと言うと、

つらいことがネガティブなことではなく、

ポジティブなことと感じられるようになるからです。
 

また、実際に、つらいことがあったときには、

心の修行になったり、試練を乗り越えるための修行になったりして、

自分の成長につながるものだからです。
 

 
というわけで、つらいことがあっても落ち込まず、

つらくなる可能性があっても

逃げないようにすることをお勧めします。
 

つらいことを乗り越えてきた人ほど、

器が大きくて、頼もしくて、カッコよかったりするものなので、

それを目指したほうがいいですね。





川島氏のメルマガより
関連記事
  1. つらいときは修行だと思おう
    何かつらいことがあった時、そのつらいことをどのようにとらえるかは、人によって異な...
  2. 人生で一番大切なのは資産構築なのか
    ほとんどの人は「人生で何を一番大切にすべきか?」をじっくり考えていません。 そし...