幸福

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130115-17000029-webhon-ent

より転載

 「日本人女性が海外でモテる」は本当か?   WEB本の雑誌1月15日(火)17時0分配信  ここ数年の間で、海外留学者数が減少していると言われていますが、東日本大震災以降、福島大学では海外留学をする学生が増えているそうです。「福島の現 状を世界に伝える」という目的意識を持った学生が多く、彼らは原発問題を考えるためのきっかけとなるべく、世界に踏み出そうとしています。

 海外へ長期滞在するという大きな決心は、彼らのように何かを成し遂げたいと志すからこそできるのかもしれません。ですが、なかには一風変わった理由で海外へ行った女性がいるのです。その理由とは、なんと「婚活」のため!

 ラブジャーナリストの中村綾花さんは世間の「婚活ブーム」に乗った結果、自分はまったくモテないと行き詰まり、「日本に相手がいなければ、世界で探せばいい」という逆転の発想のもと、結婚相手を求めて2010年に日本を飛び出しました。

 そしてそれは世界各国の恋愛・結婚をテーマに1人で世界を巡る「世界婚活」プロジェクトとなり、そこでしたいくつかの恋愛や出会った人々のことを書籍『世界婚活』にまとめています。

 「孤独の苦痛から抜け出したい、そして幸せになりたい」という目的で海外へ渡った彼女ですが、本書ではイギリスで出会ったイギリス人夫をもつ日本人女性に言われたことが印象的だったと語っています。

 「『結婚すれば幸せになれる』じゃなくて、『自分が何をするのが幸せか?』ってことが分かれば楽になると思うな。まずは自分が幸せじゃないと相手も幸せにできないしね」

>>管理人注>ここが大事!!

 「結婚すれば幸せになれる」と信じていた中村さんは、この言葉を聞いて自身の幸せについて考えるようになったと言います。海外では、日本人女性がモテる といいますが、それはただの迷信のようなものでしかなく、大事なのは「何をするのが幸せ」なのかということ。海外で結婚した女性たちは、たまた訪れた外国 で「幸せ」を見つけただけなのかもしれません。

 お正月に実家へ帰省した際に親から「結婚はまだなの?」とプレッシャーをかけられて困った...という人は、まずはこの本を読んで結婚について考えてみてはいかがでしょうか。きっと、肩の力が抜けて勇気づけられるはずです。


関連記事
  1. ファシリテーター アンケート
    *自分が持っている前提に気付いた。@好きなこと、やりたいことを職業に出来なかった...
  2. ニーチェ 奴隷
    「あらゆる人間は、いかなる時代におけるのと同じく、現在でも奴隷と自由人に分かれる...
  3. 過去への手紙 最終回?仮1
    1美、経済、雇用、職業紆余曲折合ったけれど、少しずつ賢くなっている。20年前には...
  4. 職業と自己実現
    http://ameblo.jp/bassist-bun/entry-12229...
  5. 過去への手紙 2016,1123
    過去への手紙Q3 2016、1123@職業、経済、雇用について理解した。左遷も解...
  6. 過去への手紙2  
    過去への手紙1@アイツらは俺の変化に気付いていない。@気づいていても気づかない振...
  7. 佐藤 1分間ワーク 
    美のエネルギーの流れ、豊かさを増幅、拡散させる自分へ10月1日人生の選択肢は、ど...
  8. 佐藤 10月1日 ワーク
    Q3あなたは「美」が好きなのです。職業を選ぶときも、それを基準に判断するのもあり...
  9. 仕事で1年
    早いもので、今の部署に異動になってから、一年が経とうとしている。去年の今頃は今後...
  10. 過去への手紙、佐藤のワーク
    Q1仕事、プライベート、趣味の分野で、どんな感情を持ち、どんな人と一緒にいたのか...