2012年12月


まっちゃん

2012年12月19日 17:31

あきらめることをあきらめた時、人は強くなると僕は思います
たくさんのメッセージに感謝を致します


ありがとうございます^^

兄貴からのメッセージ

兄貴2012年12月5日 00:59
    確か公開してないとかなんかにしてたら表示されないよー。

    お祝いってめっちゃ照れ臭いからその設定にしてます(笑)

    でもお誕生日おめでとうでしたね~♪
    歳を重ねることは思ってるほど悪くないですよ。

    若い奴らにゃ見えないものがいろいろ見えてきます。

    それがイイか悪いかはまた今度...(笑)

    イイ1年でありますように。


人生、食って、寝て、やって、チョン

人生、食って、寝て、やって、チョン、とは故立川談志師匠の言葉であったはず。 世の中与太郎で、えじゃないか―常識にあきあきしてる人へ (プレイブックス) 確か、この本だったはず。富と名声を手に入れた人も、借金と悪名を轟かせた人物も最後には死ぬ。 当たり前の話であるが死んでしまえば富も名声も悪名も借金も持って行くことは出来ない。持って行くことが出来るのは記憶、思い出だけである。 産まれてから死ぬまでの間、いかに楽しんだかで人生の優劣が決まるのではないか。ここで大事なのは優劣であって勝敗ではない。 勝敗ならば勝者と敗者がいる。しかし、ここ(優劣)では戦うべき相手は自分であって他者ではない。 どれだけ社会的名声を手に入れても、その人生を楽しめなかったら、やはり、その人生は失敗であろう。最後に乞食をしても、その人生を楽しめたら、その人生はきっと成功なのだ。 独身であれば独身であることを楽しめば良い。 家族がいれば家族がいることを楽しめ。銭があれば銭があることを楽しめ。 銭がないなら銭がないことを楽しめ。 結局、いかに楽しむか。これだけでないであろうか。 12月4日の誕生日に、そんなことを考えた。今、アップする。 俺は俺であることを楽しむしかない。