2012年6月


物語

私が過去に書いた物語を整理してみた。フロッピーデスクに保存していたものを引っ張り出して来たのだ。一部読み込みが出来なかったものもあったが、概ね大丈夫だった。

当時、ワープロで原稿を書いていたのであるが、DOSで保存したものは大丈夫であった。

自分の将来をペン一本にかけて原稿を書いたが敢えなく全滅した。懐かしくもあり、悲しい過去である。当時は握ったペンが刃物に見えたものだった。芽が出なかったのは才能がないのであろう。今思えば無駄な遠回りなことをしたものだ。


正範語録

実力の差は努力の差
実績の差は責任感の差
人格の差は苦労の差
判断力の差は情報の差

真剣だと知恵が出る
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳ばかり

本気でするから大抵のことはできる
本気でするから何でも面白い
本気でしているから誰かが助けてくれる

幸福

 あなたが幸福であろうと、幸福でなかろうと、それにどんな違いがあるというのか。
どうせ今日は昨日になり、明日も昨日になってしまうのだ。
時が過ぎ去ってしまえば、昨日の不幸も喜びになる。
生きているだけで幸せではないか。
歳をとればわかるよ。(カーライル)

http://cxrjk943.seesaa.net/article/37002348.html

上記より